桃の品種で《はなよめ》(花嫁)の特徴は?味や時期も(岡山より) 

観光地・特産品

岡山県は桃の産地で『白桃』が有名です。

先日いただきもので

かわいい桃『はなよめ』を初めて見ました。

『はなよめ』という名前もかわいい桃の特徴

バタコ
バタコ

味や食べられる時期もご紹介します。

桃『はなよめ』の特徴

はなよめ

小さく可愛い桃です。

極早生品種:はなよめ

日川白鳳という品種からの変異樹から育成され、1995年に品種登録されています。

岡山県でよく見る白桃が約250グラム

この『はなよめ』は約150グラムで小ぶりです。

バタコ
バタコ

小さいけど、とっても甘いいい香りがします。

『はなよめ』の味

『はなよめ』の味は甘みが強くすこしきぶい感じが残りましたが

とっても美味しく食べることができました。

 

バタコ
バタコ

岡山県人は桃といえば白桃なので

桃の味には少しうるさいのです。

果物の甘さって不思議でやめられない美味しさですよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『はなよめ』を切ってみた感じは?

よく熟れで手で触って柔らかいくらいになっているものは

端にすっと包丁を入れて皮をめくるとスルッと手でむくことができます。

実によって皮のまま包丁で半分に切ると

種のところが縮んだようになって真っ二つに種を避けて切ることができるものもありました。

(よく熟れている桃ほどそんな感じです。)

だいたい真っ二つに切ろうとすると種にあたるので

先に皮を剥いてから

種を避けるように櫛形に切っていきます。

白桃に比べると

酸化して果肉が茶色になってしまうのが遅く

キレイな黄色い色が続いていました。

『はなよめ』が出回るのはいつごろ?

はなよめ

岡山県での『はなよめ』の出荷は

露地栽培の桃の中で最も早く例年6月中旬

6月いっぱいくらいは市場に出ています。

我が家が『はなよめ』を頂いたのが6月23日でした。

桃の品種で《はなよめ》の特徴は?味や時期も(岡山県) まとめ

我が家に頂いた桃『はなよめ』は小さなかわいい赤い実の桃でしたが

白桃と同じくらいの大きさに育てる事もできるようです。

JA晴れの国岡山の特産品ページを見てみると

生産者さんが大事に育てた『はなよめ』が紹介されています。

岡山で栽培された『はなよめ』は大阪、岡山、倉敷、福山の市場に出荷されています。

下の写真は「はなよめ」です。

(はなよめは苗木の販売のみされています。)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桃 苗木 【はなよめ】 1年生 接ぎ木 ポット苗 白桃 もも 苗 果樹 果樹苗
価格:2420円(税込、送料別) (2022/7/6時点)

楽天で購入

 

こちらは岡山が誇る白桃です。

 

バタコ
バタコ

いい香りが香ってきそうです。

かわいい桃、かわいい名前の桃『はなよめ』をご紹介しました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました