掃除・洗濯

お掃除のルーティン化はこうする!やらなきゃ掃除が無くなる

お掃除をルーティン化することで

習慣になるとお掃除が楽になる 誰でもできる 自由な時間が増える 心にゆとりが生まれる 笑顔が増える といいことだらけです。

自分のルールを決めてお掃除のルーティン化やってみましょう。

お掃除のルーティン化とは

スッキリ整った部屋で快適に暮らしたいなら
清潔で使いやすいキッチンで気持ちよくお料理をしたいなら
お掃除をやって当たり前 やらなきゃ気持ち悪い事にしてしまったらいいと思いませんか?

ルーティン作りというのは習慣にしようということです。

良い習慣を身に着けたいとおもったら 他の行動とくっつけてやるのが早くみにつくのだそうです。

「○○をしたらこのお掃除をしよう。」というそんな

お掃除&片付けのルーティーン化の提案です。

私のついついやってしまう掃除!

電話が掛かってきたときに

いつも話が長いあの人の時には電話をもったまま足は自然と箒が置いてあるところへ向かいます。

話を聞きながら部屋の掃き掃除が始まります。

固定電話でちょっと長くなりそうな時には近くのティッシュを一枚とって電話機のほこり取りが始まります。

マナー的によくないかもしれないですが気が付けばやってしまう習慣(ルーティン)化していますね。

お掃除のルーティン化の利点

 

 

お掃除をルーティン化する方法

お掃除するという事は拭いたり掃いたりして ゴミや汚れを取る事です。

どんなものでも買ってきたばかりの時には輝いて清潔できれいなのにどうして汚れて散らかってしまうのでしょう。

答えは

  • 使うから
  • 使わないでも置きっぱなし 出しっぱなしだから

汚れたり散らかったりするのですよ。

お掃除ルーティン化は元のキレイに戻してあげる事。

使ったらもとの状態に戻す習慣を付ける

という事です。

簡単にお掃除をルーティン化するための掃除方法として

《ついで掃除》があります。

これも2つほどコツがあって

1つ目はすぐ掃除ができる掃除道具や掃除用品をながら、ついでに掃除できるように仕込んでおく事。

2つ目はついでについでに・・・とエスカレートしていかないように1分ほどでできる事だけにしておく事。

お掃除のルーティン化なので 勢いでやりすぎちゃったは習慣ではないですからね。

使ったら戻す

この状態になればOK!という状態を決めておくのが良いです。

元に戻すのを決めておくと完成形がはっきりするのでやりやすいです。

生活スタイルや家族の人数などで一人一人違うものですから

自分のルール、家族のルールを決めるのはご自身や家族での話し合いで決めてください。

例えば 玄関にはチョイ履きのサンダルを1足出した状態か、又は一人1足だけは出しておいて良いよ。とか

テーブルの上は上に何も置かない状態。食事の時には一時よけた物を置くのはこの籠に!とか

お風呂は物が定位置について換気扇が回っている状態

とかそんな感じです。

ついでに掃除する

食事の後の食器、テーブル 使った後のシンクやガス台や調理器具
お風呂の湯垢やカビとか いつも寝ているシーツとか
着た服、使ったトイレ ぜ~んぶです。

モデルルームのように使わないお風呂は湯垢が付かないし 使わないキッチンは油汚れも付きませんよね。

お掃除ルーティン化できそうな事

朝、顔を洗ったりお化粧をしたりしたらついでに

トイレに入ったついでに

玄関に子供を送って出たついでに、宅急便を取りに出たついでに

ごみの日にゴミを出したついでに

通りがかりに掃除する

布ほこりや 落ちた髪の毛!これは不可抗力だとます。
ペットの毛も・・・ですね。

お掃除ルーティン化できそうな事

この勝手に汚れる物の掃除はわざわざ時間を作って掃除機を掛けたり

お掃除ロボット君に頼むにしてもスタートのタイミング(時間)がありますよね。

これもルーティン化するなら

●朝のラジオ体操が終わったら掃除機をかける。

●天気がいいから布団をふわっとさせたいと思ったらついでにシーツも外して洗う。

●毎日シーツを洗いたい人は朝ベッドメイクの時にシーツは外すとか

ルールを作って勝手にやっちゃうレベルまで習慣化したら

いつもピカピカの清潔な空間は手に入ります。

お掃除のルーティンのタイミング

使った後すぐするのが一番いいです。

食後の食器洗いが終わったら続けて○○をするとか

最後にお風呂に入った人が水を抜いたタイミングで○○をするとか

爪切りを使ったらすぐに元の引き出しに戻す

洗った洗濯物を畳んで置いておいてもらうのならすぐに自分の管理するところへ収納するとか

一旦出しっぱなしにして見てみぬふりをしたら ブロークンウインドウ現象の始まりです。1週間もしたら足の踏み場がなくなる怖い状態

掃除や片付けをしようとしたら膨大な時間と労力がかかる事になるのですよ。(うちの息子達に行っております。すみません。)

お掃除ルーティンの大切なポイント

家族にお掃除ルーティンをやってもらう

ものを減らす

 

やることが決まっていれば 誰でもできます。

お掃除ルーティンは一人一人の自分の仕事です。

家族それぞれが自分が使ったものはきれいにして元の場所にもどしたら

まとめてやらなくてはいけないという家事はぐんと減りそうです。

旦那さんに片づけをしてもらったら物の置き場所が変わってわけわからなくなるから嫌だわ、とか
掃除してと言ったら どの洗剤?雑巾どこ?と言い出す始末教えるのもめんどうで
もういいわ。と言ってしまったとか
ないですか?

自分の家のルールを誰にでもわかるように決めておけばいいんです。

毎日する掃除

キッチン、トイレ、お風呂、洗面台

床のクイックルワイパーや掃除機かけ

時々する掃除

玄関

壁や天井、照明、外回り

ゴミ出しの時にする掃除

天気のいい日にする掃除、洗濯

季節の変わり目にする掃除、片づけ

時々しかしない事はルーティンというの?と思われるかもしれません。

月初めの1日には神棚の榊をかえるという習慣がある人は(例えが昔すぎ?)1日の行事をやらなくては気持ちが悪いでしょう。そういうやっておかないと忘れ物をしたような感覚になるという事は月一の事であってもルーティン化されている事ですね。

掃除のルーティン化まとめ

生きている限り 食べたり寝たり動いたりしている限り

使っては元にもどし 汚れたら洗いの繰り返しなんですね。

それをやらなかったら ゴミ屋敷になるか

やるのがいやなら ホテル暮らしにするか

自分のなりたい生活を決めたら しなくてはいけないことが決まりますよね。

そしたら 楽に簡単にできる方法でやりましょうか~という事でした。

お掃除のルーティン化一つ一つ自分のルールを作ってやってみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

リビングとダイニングの簡単お掃除、1分でできる掃除をを5ヶ所

雑巾も使わない掃除方法をご紹介しています。

お掃除ルーティンに入れてもらえると嬉しいです。