ハンドメイド

ネットで手作りマスクが売れない!溜まった在庫を販売するには実店売りで

手作りの布マスクがネットで飛ぶように売れた時期もありましたが使い捨てマスクが簡単に手に入るようになり

ネット販売しているマスクが売れません。

一生懸命作った布マスクの在庫が溜まってしまい困っている。

布やマスクゴムが手に入りにくい時に探しまわって割高でも手に入れたマスクの材料を形にして販売したい。

そういう方は少なくないと思います。

バタコ
バタコ
マスク作家ではなかったけれど私も2020年2月~5月はマスク作りに大忙しでした。

インターネットが得意ではないですが、布マスクを作って少しづつですがネット販売をしていました。

それも今はピタリと売れなくなってしまいました。

先日、同じような手作り仲間の一人から

地元の特産品販売店でマスクを置いているのが売れて追いつかないから一緒に出品しよう!

と声が掛かりました。

ネットで手作りマスクが売れないのはどうして?

現在はネットのフリマで手作りマスクを販売できるところはなくて、

手作り販売サイトのCremmaは最初からずっと手作りの布マスクの販売を応援してくれているサイトで

最近ではminneも手作り布マスクが販売できるようになりました。

Cremmaもminneも手作り作家さんが写真や説明文を駆使して自分の作品の魅力を伝えるようなお店が多くて

使い捨てマスクが手軽に買えるようになって 布マスクが欲しい人が限られてきて

売れなくなった時点でもう必要なくなったと諦めて出品をしなくなったり、丁寧なメンテナンスを辞めてしまって

ネットの手作り布マスクが売れなくなったという事です。

今でもネットの手作りマーケットでは続けて販売されていて売れているお店はたくさんあります。

手作りマスクが沢山余っている

使い捨てのマスクが手に入らない時に家族のマスク、離れて暮らす娘家族の分、東京、奈良、愛媛の友人たち  職場の皆の分と一生懸命布マスクを作りました。

そうしていたら息子が職場の方たちから作ってと言われた。から始まり

もう少し大きいの作って。迷彩柄で作って。と注文の多い注文が入るようになり

頼まれたら作りをくり返しているうちに

材料が手に入らない!という事態が起き始めて

もう、布もゴムも無いよ!と言っていたら

「ガーゼを見つけてきたから。」「この手ぬぐいで。」「晒があったわ。」と材料が集まり始め。

マスク用のガーゼ布やレース生地が手に入るようになったらついつい買ってしまって

布マスクを大量に作れるようになりました。

メルカリでマスクが販売できる間は(2020年3月まで)メルカリでも販売をし、

メルカリでマスクを販売できないようになってからはクリーマで

慣れないネット販売に挑戦しながら

たくさん作ったマスクの販売を続けてきました。

ネットで手作りマスクを販売するのがむずかしい

マスクでも他の物でも製作して自分でネット販売している方は大勢おられるので

マスクのネット販売が難しい。のではなくて

私が苦手なので難しいということなのです。

ミシンの仕事は好きで得意な方だと思うのですが

できた物をサイズを測って写真に撮り、説明文を書いてネット販売する。

メールをいつもチェックして売れたと連絡がきたら 商品を梱包して発送する。

売れてからのお客様とのメールでのやり取りや 評価を頂いて終了するまでの手間ひま・・・

苦手でとっても大変でした。

しかも、メルカリからクリーマに移行して

フリマアプリとクリーマやミンネといったら種類が少し違う訳で

出品されていて売れている方はプロの方~玄人はだしの方ばかり

一つ一つ生地があるだけ、現品限りというような全部が違ったら全部に説明書きが違うので大変でした。

手作りマスクが販売できるところ

地元の道の駅

地元の道の駅には手作り品のコーナーがあり ここに布マスクのコーナーがあります。

大人用マスク400円

子供用マスク300円

とても安い値段で販売されています。

材料費が出ればいいわという値段ですが家に在庫を置いて1年も過ぎると販売するのも誰かにあげるのもためらってしまうので安くても早めに売った方がいいかもしれません。

知り合いのお店

ケーキ屋さん

マスク・編み物のシュシュ

お蕎麦屋さん

和布小物の飾り物・敷物・マスク

家族でされている料理屋さん

フラワーアレンジ・がま口・ポーチ・マスク

カフェ

ピアス・絵葉書・布小物・マスク

美容室

ピアス・ヘアゴム・シュシュ・マスク

口コミ

「マスク作ってるのがあったら分けて!」

と友達から頼まれて販売するのが一番簡単で気楽です。

ある物の中から好きな物を選んでもらって委託手数料も発送の手間もポップ書きも炒らないです。

でも、おまけをしたり

家に来る時に手土産とか持ってきてくれるから イイよイイよでぶつぶつ交換になる事もある・・・のですがね。

おばさん二人で楽しみながら小遣い稼ぎ

委託販売を今までしてこなかったのは

道の駅の手作り品のクオリティを下に見ていたふしがある。

(本当に申しわけないです。全くの偏見です。)

安い値段でしか売れない。という気持ち

そして一番できなかった理由は

出しても売れなかったら恥ずかしい。からでした。

今回、手作り仲間さんに誘ってもらって・・・自分も《おばさんの手仕事》と言われてもいいじゃないかという歳になってきたという事もあり

家に布マスクの在庫が沢山ある事もあって

手作り仲間と一緒に楽しみながらこづかい稼ぎをするのもいいんじゃないという境地になったのです。

早速、出品の仕方やポップをどんなふうにしているのかを教えてもらいがてら

打ち合わせ会という事でおしゃべり&食事会に出かけてきました。

セリアで買ったもの

  • 商品説明用のカード
  • カードを立てるプラスチックのスタンド
  • クリップ付きのカードスタンド
  • ウサギの置物(これは可愛くてつい買ってしまった)

なんだかお店屋さんごっこみたいです。

まとめ

手作りの布マスクを作ってネット販売をしているけれど

最近あまり売れていなくて 在庫の布マスクを何とかしたい。と思い

今まで敬遠してきた委託販売ですが手作り仲間に誘われてやってみる事にしました。

道の駅はマスクだけでなく色々な手作り品で溢れています。

手作り好きな人は作る事だけでも楽しめるのですが やっぱり売れないと続けることができないので ネットを見て買い物ができない人の為にと思って実店舗販売も頑張っていきましょうね~。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ミンネでのマスクの販売もしています。良かったら見て行ってください。

minnneちゅーりっぷのお店