MENU

足立美術館へ!友人とドライブ山登りもどきありの岡山県北部から米子

当ページのリンクには広告が含まれています。

高速道路を運転したのは4年ぶりかも・・・。

「足立美術館にいきたいなぁ。」と呟いたのを拾ってくれた友人2人

できれば紅葉の季節に行きたかったのですが、あれこれと用事もあり11月13日に行ってきました。
8時出発18時帰宅の1日ドライブを記録しておきます。

この記事を読んで解ること

この記事を読んでわかること

  1. 足立美術館の11月中旬の様子
  2. 足立美術館の帰りに寄った米子城跡
  3. 米子でお昼ごはんをどこで食べるのがいいか
  4. 山陰道から米子道を通っての高速道路ドライブ料金やサービスエリア
  5. 米子から蒜山に向かって高速無しで帰る道のり
  6. 次に行くならどう行くのが面白いか
スポンサーリンク
目次

足立美術館への日帰りドライブの目的

足立美術館へは行ったことがなかったので、今年の紅葉時期にはぜひ行きたいと思っていたのです。

新見美術館の2階のカフェからガラス窓越しに今年の少し残念な紅葉を見下ろしながら・・・

バタコ

足立美術館もこんなふうに窓越しに景色を楽しめるんだよね。
行きたいな~。

と呟いたら、横で聞いた友人が「行こう!行こう!」と行ってくれた。

その時はまだ、大きなイベントを控えていて(粘土の展示会)それが済んで落ち着いてから・・・ということで^^;

言い出しっぺだから私が運転して行くよ~。と県北で北に向けてのドライブは雪と風が心配だったけど前日までには車検も終わってスタットレスタイヤを装備して貰っていたので、よほど大雪にならない限りは決行ということで楽しみにしていました。

3人の打ち私だけが初の足立美術館。

近いところの観光地であり世界一の日本庭園なのに一回も行ったことがないから、ぜひ一度は行ってみたい。

足立美術館ドライブ1日の道のり

STEP
自宅をスタート 8:00

友人宅に寄りながら2人をひろい

真庭市久世インターから米子道へ入る

途中、蒜山サービスエリアで休憩

SAでトイレ休憩と無料の緑茶、お白湯を頂きました。

バタコ

日本って、サービスエリアの緑茶、お水、お湯が無料で飲めるんだからすごいよね^^
トイレはキレイだしすごい国だと思う(^o^)

蒜山SA

大山がガスっています。

米子自動車道で米子まで 

STEP
足立美術館到着 10:20
足立美術館

足立美術館 駐車場側は新館です。

STEP
足立美術館出発 12:20

足立美術館の日本庭園、展示美術品や絵画などゆっくり観覧してコーヒーで一休みして約2時間の滞在でした。

STEP
米子城跡到着 13:00

足立美術館に一緒に行った二人は山陰旅行をよくしている方々なのでレアなところに・・・

これまで行ったことが無いところで行ってみたいというリクエストの
「米子城跡」に登ってみることにしました。

バタコ

私たちは山登りも同じ趣味の仲間です。

STEP
米子城跡一の丸 13:30

いつもの山登りスタイルではないですが、登り口に竹の杖を用意していてくださっていてそれを頼りに?石段を登りました。

観光客サービスなのか忍者がひと目も憚らずに出現されていました。くのいちさんでした^^

STEP
遅めの昼食 14:10

回転寿司をワタシ的に下調べをして食べる気まんまんでいたのですが
お姉様方が「そば」がいいとのこと。

ちょこっと調べたら3時までのところが多いからやっぱり寿司でしょう。と向かったお寿司屋さん。

お寿司屋さん、蕎麦屋さん、とんかつ屋さんの集まったところでした・・・・

鴨そば!

美味しかったですよ。

ここは

出雲そば花びし

出雲そば 花びし · 〒683-0064 鳥...

お隣の回転寿司のお店は

すし弁慶 道笑町店

すし弁慶 道笑町店 · 〒683-0064 ...
STEP
地道を帰路へ

のんびり帰ろうということで米子から大山をぐるっと回るように江府方面に一般道を走りました。

ほぼ地元?度々来るところなのでお土産は買わなかったですが、米子にはお城の形をした観光土産のお店、「砂場コーヒー」のお店もある「寿城」があります。
名産品の「とち餅」をお土産にすると美味しくて喜ばれますよ。

STEP
蒜山高原道の駅経由

米子道を通って帰るよりも1時間以上の遠回りです。

蒜山の道の駅

風の駅に着いたのは16時前・・・まさかの閉店でした。

15時ぐらいで閉めちゃったようです。

蒜山道の駅

蒜山の美味しい野菜、特に大根!
あっという間に売り切れたんでしょうかね~

STEP
友人宅に送りながら帰路へ

蒜山三座を左に見ながら落合方面へ

足温泉、真賀温泉を通り抜け、神庭の滝も通過して勝山駅前のR181号線へ

ここまで来たら我が庭も同然^^;

久世、落合と友人を降ろしながら帰りました。

STEP
帰宅 16:10

長距離運転でしたが、疲れもなく元気いっぱいで帰ってきました。

1日ドライブで始めていく

「足立美術館」と「米子城跡」ゆっくり遊べて楽しかったです。

足立美術館

足立美術館

日本庭園

日本庭園で世界一を誇る足立美術館に初めて訪れました。

天気がとってっも良くて、建物の影になっているところとの差がありすぎですが
空の青と初冬の景色が素晴らしい「枯山水庭」です。

創設者 足立全康像

道路を挟んだ向こうにある山々もお手入れをしてお庭の一つにしているのだとか壮大過ぎます。

鶴亀の滝

右端の方に滝が写っています。

「手前の滝と向こうの山の大きな滝が2つ見えるよ」教えてもらってやっと気づいた。
写真ではよくわからないけど^^;

友人がガイドをしてくれるのでよくわかります。

足立美術館のロビー
足立美術館ロビー

ベンチに座ってゆっくりと庭園を眺めることができます。

ガラスがあまりにもキレイに磨かれているので前に前に行ってゴツンと顔をぶつけてしまっていました。

生の掛け軸

日本庭園が描かれた掛け軸がかかっているように見えるという和室があります。

窓も、絵画がかかっているように見えるところもありました。

足立美術館の紅葉

足立美術館というだけあって お手入れをしっかりとされていて・・・もみじの落ち葉も1日で掃いて掃除をするのでしょうね。

こういうふうに落ち葉が積もっているところはあまりなかったですが、これはこれで風情があっていいです。

12月の半ばの庭園は残った枯れ葉を庭師さんがわざわざ落として整えられていました。

美術品、絵画の展示

足立美術館の展示品

足立美術館は日本庭園で有名ですが、絵画や彫刻、焼き物、硯箱などなど展示品が多いです。

展示品の写真は撮ることができないですが、売店で絵葉書きや色紙などがあるので記念になると思います。

全然詳しくないですが

魯山人
横山大観
童画のコーナー
現代日本画

などなど、日本の素晴らしさや日本人ってすごいなと誇らしいような気持ちになる美術品鑑賞でした。

美術館の展示室の方のガラスも見えないくらいピカピカなので近づいて見てみようと顔を前にすると「ガン!」とやっちゃいますから気をつけてください。

足立美術館内での飲食

ケーキセット

日本庭園を眺めながら美味しいコーヒーとケーキで一息つきました。

ここは池庭を眺めることができる「喫茶室 大観」です。

座っているところから池の鯉や景色が見えます。

お昼が少し遅くなりそうなのでケーキセットを頂きました。

カレーなど軽食もありましたよ。

足立美術館周辺

足立美術館は道を挟んで新館と本館があり地下で繋がっています。

間の道には温泉あり・・・
駐車場に入る時にナビがこのあいだの道を教えてくれて、(確かに足立美術館ドンピシャ)大回りをしたんだけど、その時にめにした 温泉宿の表の「手湯」

帰りには「手湯」に行きたかった~。

さぎの湯荘

調べてみたらものすごい上等な温泉旅館。
何かの記念日に一泊してみたい。きもちが満々です。

せめて、外観を拝んで「手湯」をして帰りたかった。

米子城跡へ山登り気分

米子城跡
バタコ

山登り仲間の普通の観光のつもりがやっぱり山に登れてよかった~となった^^;
米子城跡

登り口には杖があったので借りて登りました。

登りは約20分くらいかな?

米子城跡
米子城跡からの展望:大山

鳥取県側からの大山は富士山のように見えて雄大で素晴らしい。

友人は こんな毎日大山が見えるところに暮らせてるって幸せだろうな~だって。

何度か登ったことのある人が一人と来年の目標は大山かな?という二人です。

米子城跡からの中海のながめ

美保湾も見えるし、お殿様は相当気分が良かっただろうな。
城下を見下ろし、海と大山。ま、こんなに山陰でお天気がいい日も少ないだろうけど美味しい海のものもあるし温泉はあるし・・・。

バタコ

最高でした。

蒜山経由で地道で帰路へ

遅いお昼ごはんに鴨そばを食べて帰路につきました。

岡山県側から見える大山はどっしりと雄大な姿です。

バタコ

今日の主役は大山だね~。

行きの車の中から大山が見え始めたら

「運転してるのにごめんよ。ごめんよ。」と言いながら大山を写真に納めて楽しんでいた二人です。

私は前を向いてちゃんと運転しろって^^

1日楽しい旅ができました。大満足。

足立美術館へのドライブ旅行・かかった費用は?

今回の足立美術館、米子城跡へのドライブにかかった費用の明細を残しておきますね。

高速代 (ETCカード)久世→米子 1580円くらい
山陰道 米子西→安来 200円くらい

バタコ

助手席の友人がメモしてくれていたのですが。
高速代まとめて1800円÷3=600円ということで一人あたり600円^^

足立美術館入館料:2300円
足立美術館でのケーキセット:1100円
昼食代:鴨そば 1080円

私は二人から車代ね!ということで十分なお布施?を頂きました。

足立美術館ドライブ 合計:約5100円

山に行くときのように水筒にお茶やコーヒー用のお湯を持ってきてもらって、美術館以外のコーヒー代もいらなかったしね~

次に行くならまとめ

1日、天気にも恵まれとっても楽しい足立美術館ドライブでした。

今回の主役はやっぱり大山かな~

バタコ

よくもまぁ、一回も2回も行ったことがある足立美術館に付き合ってくれたなぁ。

山陰はやっぱり海鮮が新鮮で美味しい。チェーン店の回転寿司も岡山県北では聞かない名前のお店だし、次こそは回転寿司に行こうと思います。

今回の3人は私が58歳で習い始めた粘土クラフトの先生と先輩です。
山登りにハマった先生について山に登りだした運動嫌いの私ですが楽しいから続いています。

次に行くなら、山陰なら今回と同じようなコースで「花回路」のイルミネーションですね。

実は次は備中高梁の松山城に途中の駐車場からバスに乗らないで行こう!

玉野に行こう、四国に行こう、下蒜山が絶対ええで。と次々行きたいところが出てくる。
来年2024年も楽しいことがたくさんありそうです。

スポンサーリンク
目次