MENU

ゼロ活力鍋4人家族でMサイズを実際に使用しての口コミレビュー|メリット・デメリットも!

当ページのリンクには広告が含まれています。

アサヒ軽金属の「ゼロ活力鍋」お料理好きの方や時短、省エネ料理をしたい!という方に注目されている圧力鍋です。

  • 4人家族に合うのはどのサイズ?
  • 「ゼロ活力鍋」Mサイズのサイズ感や使用感を知りたい。
  • 「ゼロ活力鍋」使ってわかるデメリットを知りたい。
  • 「ゼロ活力鍋」Mサイズの口コミを知りたい。

そこで今回はゼロ活力のなべ中でも最も扱いやすいMサイズのゼロ活力なべのサイズ感や遣い勝手、
口コミ、レビューを詳しく紹介していきます。

バタコ

私のゼロ活力なべ歴は約10年。
2代目の圧力鍋です。

実際に愛用している経験を踏まえ、使い勝手やサイズ感、口コミ、他のサイズとの違いなどを詳しく紹介します。

スポンサーリンク
目次

アサヒ軽金属の「ゼロ活力なべ」はどんな鍋?

ゼロ活力鍋Mサイズ

ゼロ活力なべはアサヒ軽金属の圧力鍋です。

時短で栄養満点な料理を作りたい方におすすめの圧力鍋

無水料理に特化したゼロ活力鍋は、食材本来の味を引き出しながら、時短で栄養満点な料理を作ることができると人気です。

ゼロ活力なべの特徴

  • 世界最高クラスの調理圧!
  • 驚異の0分料理
  • 食材の旨味を閉じ込めながら調理時間を大幅に短縮
  • 誰でも簡単に使える
  • 直火、IH に対応
  • 火加減調整不要で、難しい操作なし
  • 栄養満点
  • ビタミンCなどの栄養をを壊さずに調理
  • 時短・節電・節約!
  • 短くなるので、っ光熱費や食費の節約にもつながる
  • お手入れ簡単
  • 素樹脂加工で焦げ付きにくく食洗機対応

ゼロ活力なべMサイズのスペックを紹介

ゼロ活力なべMサイズは、直径約23cm、容量3.0Lの圧力鍋です。

2~3人分の料理に最適なサイズで、一人暮らしの方や、夫婦ふたり暮らしのご家庭にもおすすめです。

ゼロ活力なべMのスペック
容量3.0L
炊飯量白米5.5合
重量約2.5kg
外経24.7cm
高さ17.7cm
対応熱源IH・ガス火
ゼロ活力鍋Mサイズのスペック

圧力鍋というと以前は黒豆を炊くとき、小豆を炊いてあんこを作るときと限られた使い方しかしていませんでした。でも、このゼロ活力鍋Mサイズはそれまでの圧力鍋に比べて大きさ(高さ)がほぼ1/2です。
圧力鍋は特別なメニューのときに使うものではなくなりました。

特別なお料理にしか使うことのなかった圧力鍋が日常的に出番の多いお鍋になった!という感じ!

バタコ

我が家は4人家族ですがサイズ的には丁度よい感じで、重さも2.5kgとそんなに重く無いので女性でも扱いやすいと思います。

ゼロ活力なべMサイズは4人家族に丁度いい!

ゼロ活力なべ加圧中

4人家族にぴったりなゼロ活力なべのサイズはMサイズ

我が家は大人4人の4人家族です。

今使っているのがゼロ活力なべMサイズ!

バタコ

ヘビロテしています!

  • ふろふき大根などの煮物
  • カレー
  • 八宝菜などの炒め煮
  • 野菜やパスタを茹でるとき
  • 4人分の茶碗蒸し

大急ぎのごはん炊き・・・(普段は炊飯器です^^;)

ゼロ活力なべ

圧力料理だけでなく使いやすい大きさのお鍋として重宝しています。

ゼロ活力なべのサイズを選ぶときに
「家族の人数+1リットル」 

4人家族なら4+1=5リットル 

5リットルのお鍋が丁度よいですよ。という基準もあるようです。

が・・・・・・

ゼロ活力なべ 4人家族で使っていますが3リットルのMサイズが使いやすいと思っています。

公式サイトでのカレー量比較

LサイズLスリムサイズMサイズSサイズ
(5.5L)(4.0L)(3.0L)(2.5L)
カレー約10皿分カレー約8皿分カレー約6皿分カレー約4皿分

カレーを一度にたくさん作るご家庭ではLサイズのほうがいいかもですが、

簡単に短時間ですじ肉もとろとろのカレーができるので4人家族ならカレーが6皿あれば丁度よいかなと思います。

おでんは大鍋で作るのをおすすめします!

「ゼロ活力なべMサイズ」を使ってみた感想

ゼロ活力鍋Mサイズ
バタコ

ゼロ活力なべを10年使ってきていますが、圧力鍋としてだけでなく
大きめの片手鍋としても使っています。

ゼロ活力なべMサイズの使い勝手

バタコ

従来の重い圧力鍋を使っていたので、ゼロ活力鍋に変えたときにはサイズが小さくなって使い勝手がとても良くなりました。

ゼロ活力鍋Mサイズは

  • 調理、洗い物の効率が良い
  • ストレスを感じない
  • 加圧料理以外にも使える
  • 活力鍋レシピが豊富
  • アフターケアが安心

という事を感じました。

ゼロ活力なべは圧力おもりの扱いがわかりやすい。

圧力鍋で圧力弁を回すタイプのものを使っていたので思うことですが

ゼロ活力なべはおもりを鍋のフタの中心にあるノズルに差し込むだけなんです。
加圧の印まで回すのを忘れてた!ということがありません。

蓋のセットもやりやすく、ネジ式で下の鍋と上の蓋が外れないようにする圧力鍋と違いとても簡単です。

ゼロ活力なべはステンレス製

炒め物をする時にも少量の油でくっつきにくく、たとえ焦げつかせた時にでも遠慮なくゴシゴシ洗えるので長年使っていても劣化がありません。

サイズ感

白ごはん3合を炊いたゼロ活力なべ

お鍋本体の直径が約23センチに持ち手の大きさになります。

圧力鍋のイメージは大きい、重い!だと思いますが、大きめの片手鍋のような使いやすい大きさです。

バタコ

収納も特別に収納場所に困るということはありませんよ。

ゼロ活力なべの右側にあるのが深型フライパン23cmなので大きさの比較にしてください。

収納場所

他のフライパンと一緒にIHレンジ下の収納に蓋も本体も縦置きで収納できています。

大きな圧力鍋だと置き場に困ってしましますが
すぐに取り出せるところにあるのでゼロ活力なべの使用頻度が高いです。

バタコ

活力鍋の本体と、蓋が並んで収納できているのでとっても使いやすいです。

お手入れ方法

お手入れ方法は普通のお鍋のように洗う。
パッキンは洗うたびに外さなくても大丈夫。(使い方説明には外すように書いてあるかも!)
おもりは外して収納。

その他のお手入れは「アサヒ軽金属」公式ページの
「ゼロ活力なべ」10チェックリスト保存版に詳しく掲載されています。

バタコ

「おかしいな?」と思うことがあったら見てみるといいですよ。

パッキンの劣化や破損などは安全に使えなくなってしまうのでその都度チェックしましょう。

デメリット・問題点

使ってみてわかるデメリットや気になることをご紹介します。

あえて言うなら・・・というデメリットばかりです。

調理に関してのデメリット

調理が早いかわりに、水分の蒸発があまり無いせいでのデメリット。

バタコ

レシピ通りの肉じゃがは煮汁ザブザブの肉じゃがになる^^;

肉じゃがなどで汁気無しでホクホク系が好きな方は
出来上がってから蓋を外して汁気を煮飛ばさないと、調理中に煮汁があまり減らないのでその点は好みによりデメリットかな?

部品に関するデメリット

  • パッキンなどの部品の取替が必要
  • おもりが2種類あるので置き場を確保して無くさないようにする

圧力鍋ならではのメンテナンスや部品に関することになります。

バタコ

10年以上、パッキンを取り替えずに使っています^^;

毎日、ご飯をゼロ活力なべで炊く!という方はそういうわけには行かないと思います。洗うときにパッキンを気にしたことがないズボラでも不具合なく長い間使えています。

バタコ

よく使うおもりは白ごはんのおもり(白)です。
収納場所は引き出しの中!

ゼロ活力鍋のおもり収納

赤のおもりは玄米ご飯を炊くときくらいにしか使わないですが、可愛いので2つ並べて収納しています。

その他のデメリット

一般的な圧力鍋のデメリットはあまり気にならない

 

大きくて洗いにくい

ゼロ活力鍋Mサイズの大きさは24cm深いフライパンと同等です。

重いので使いにくい

確かに重いです。フライパン型になっていますが、両手で持てるように持ち手がついています。
特に中身が入っている熱いお鍋を運ぶときには必ず両手で持たないと重いです!

「ステンレス・アルミ5層クラッド鋼」という素材で全体ができているので厚みもあるので重い!
ーーー熱伝導性能と、予熱能力が優れている素材ーーー

値段が高い

購入時は一般にホームセンターなどに販売されている圧力鍋に比べてかなりお高いです。
が、10年も使えばいくらで買ったかも忘れている程です。そう考えるとコスパはいいと思います。

おすすめレシピ

ゼロ活力鍋Mサイズ

ゼロ活力鍋Mサイズを使ってよく作るお料理、おすすめレシピをご紹介します。

  • カレー
  • 豚の角煮
  • 白ごはん
  • 肉じゃが

ゼロ活力なべMサイズで白ごはん3合を炊いた様子はこちらでご覧ください。

白ごはんは加圧時間が1分!
ゼロ活というわけには行かないんですが、火にかける時間は約10分!
短時間で電気、ガス代の節約。調理時間短縮で美味しいごはんを炊くことができます。

購入場所

アサヒ軽金属ゼロ活力鍋は楽天市場にアサヒ軽金属公式サイトがあります。

バタコ

わたしは、キャンペーンでお得に購入しました。

「ゼロ活力鍋Mサイズ」ネットでの口コミ

ゼロ活力なべMサイズ

良い口コミ(使い方)

今まで使っていた圧力鍋よりもぐっと軽くなったので、扱いやすくなった。

浅いので洗うのがらく。

すべてが早い!ものすごく怖がりですが、怖がっていた自分がはずかしいくらいに簡単。

従来の圧力鍋よりも加圧時間が短く、調理時間の大幅短縮になった。

Mサイズは鍋が浅いので軽いし、洗いやすい。

良い口コミ(料理)

魚も骨ごと食べられるように煮ますが型崩れ一切なし!

煮豆、里芋も加圧時間0分でできた!煮ている時間がほとんど無く出来上がるので不思議。

悪い口コミ

他の圧力鍋と比べて価格が高い。

加圧時に音が大きいため、気になる人もいる。

満水状態だと重く、持ち運びや扱いづらい。

口コミはあくまでも個人の感想であり、すべての人に当てはまるわけではありません。
購入前に実際に店舗で実物を見たり、使用者のレビューを参考にすることをおすすめします。

「ゼロ活力なべMサイズ」ネットでの口コミ・まとめ

ゼロ活力なべMサイズの口コミを見ると圧力鍋での時短料理、骨まで柔らかくなる圧力調理が従来の圧力鍋よりも手軽にできてよい。という口コミが多かったです。

従来の圧力鍋のイメージ(重い、大きい、怖い)を払拭するコンパクトさで使い勝手の良さを感じました。

悪い口コミはやはりコスパが悪いことが一番多いです。
30年保証であることや、キャンペーンなどを利用してお得に購入する事もできるんです。

「ゼロ活力鍋Mサイズ」他のサイズとの比較

Mサイズ以外にもSサイズ、Lサイズ、Lスリムサイズがあります。

容量や重量、サイズなど比較をしてみました。

サイズ別スペック
サイズSMLLS
容量(L)2.53.05.54
炊飯量(合)3.55.5107.5
重量(kg)約2.1約2.5約3.4約3.1
ゼロ活力鍋サイズ別スペック

ゼロ活力なべのサイズ比較表

「ゼロ活力鍋Mサイズ」関連情報

アサヒ軽金属のゼロ活力なべはふるさと納税の返礼品に使われています。

兵庫県加西市のふるさと納税返礼品
アサヒ軽金属の兵庫工場のある兵庫県加西市のふるさと納税返礼品に、アサヒ軽金属のお鍋セット、ゼロ活力なべ単品などがあります。

\ゼロ活力鍋が加西市の返礼品!/


「ゼロ活力鍋」 注意事項

ゼロ活力なべのパッキン部分

ゼロ活力なべ、圧力鍋は の掃除など、定期的なメンテナンスが必要です。

圧力鍋は取り扱いさえ守れば安全に使うことができます。

鍋の中の圧力が下がるまで蓋が開かない仕組みや、余分な圧力を外に逃がす仕組みなど安全システムを備えています。

使用前に取扱説明書をよく読むようにしてください。

ゼロ活力鍋4人家族でMサイズを実際に使用しての口コミレビュー・まとめ

ゼロ活力鍋Mサイズ

ゼロ活力鍋Mサイズは使い勝手の良い、普通の大きめの片手鍋としても使える便利なお鍋です。

Mサイズは一人暮らしから4人家族の人が便利に使っていただける圧力鍋

口コミやレビューを参考にメリット・デメリットを理解した上で自分にあった鍋を選んでください。

スポンサーリンク
目次