ふろふき大根の作り方!電気圧力鍋を使って簡単仕込みはたったの5分

ふろふき大根 時短料理の工夫

ふろふき大根は電気圧力鍋を使うととっても簡単に作ることができますよ。

ことこと炊いて出汁がしみた柔らかいふろふき大根が

大根を切って出汁を入れた電気圧力鍋に入れ、スイッチを押して放置しておくだけで

簡単にできちゃいます。

夕食の献立の1品を朝のうちに仕込んでおくことをおすすめしますよ。

夕食の準備が劇的に早く気持ちも楽になりますよ。

是非作ってみてください。

ふろふき大根の作り方・電気圧力鍋を使って

ふろふき大根

ふろふき大根

材料(4人分)

  • 大根・・・1/2本
  • だし昆布・・・5センチくらい
  • 白だし・・・適宜

柚子味噌

材料

  • 柚子・・・半分~1/4くらい
  • 味噌・・・大さじ1
  • 砂糖(三温糖、ラカント、きび砂糖など)・・・小さじ1くらい
  • みりん・・・小さじ1くらい

冬の季節は大根も柚子も旬の季節なので安い上に美味しいです。

今回はふろふき大根に手作りの柚子味噌を添えました。

さな

柚子が手に入りにくい方はチューブで柚子のペースト上のものが市販され

ているので利用してみてくだ

大根

ふろふき大根を電気圧力鍋で作ります。

(ゆず味噌は加熱しないで作ります。)

ふろふき大根の作り方

1)大根の皮をむいて輪切りに切る

(皮を集めにむいたほうがいいです。皮の内側に筋があることがあります。)

2)鍋に大根の浸るくらいの水を入れ白だしを入れる

薄めのお吸い物のような味になっているか味見をする

ふろふき大根はだしで炊くだけでもいいので味が濃くつく必要はありませんよ。

3)さっと水洗いした乾燥だし昆布を入れる

大根

4)煮物モードでスイッチを入れる

電気圧力鍋

我が家の電気圧力鍋は『D&S 電気圧力鍋4.0L STL-EC50』
スイッチはとてもシンプルで煮物ボタンを押すだけ、加圧時間は3分です。

ゆず味噌の作り方

柚子がお家にある方はとってもいい香りでふろふき大根の美味しさが引き立ち、料亭の味の再現のような絶品ふろふき大根が味わえますのでぜひお試しください。

1)柚子の皮を薄くむいて細かく千切りにしておく

(分量は1センチ✕2センチくらいの少量でOKです。)

2)皮をとった柚子の果汁を絞る

(種がぼろぼろ落ちるのでボールにザルをのせて絞ってください。)

3)小さい容器に味噌を大さじ1くらいをとり、みりんと砂糖、絞った柚子の果汁を入れてスプーンなどを使ってしっかりと混ぜる。

4)完成

ろーら
ろーら

柚子が手に入らない場合は酢を入れて酢味噌に!

柚子ペーストのチューブあれば酢と一緒に入れてみてください。

D&Sの 電気圧力鍋はガラス蓋付き、

温め直しのときにも普通のお鍋のように使うことができます。

ふろふき大根のアレンジ

ふろふき大根のアレンジはお好みで

  • 肉味噌を添える
  • そぼろあんを添える
  • 柚子胡椒をかける、ポン酢であっさり食べる

ふろふき大根の作り方(電気圧力鍋を使って)まとめ

S&D保温圧力鍋

電気圧力鍋を使ったふろふき大根の作り方をご紹介しました。

電気圧力鍋は

野菜の煮込みがとっても簡単にできます。

火にかけて使う圧力鍋は圧がかかってシュッシュといいだしてから何分か料理に合わせた時間をタイマーなどにセットして時間が来たら止める。

こんな面倒くさいことをしなくても

材料をトントンと切って用意して出しに入れて蓋をし、煮込みボタンを押すだけ。

準備も早いし

勝手に切れてくれるのでお仕事に出られるお母さんも夕方仕事から帰ったら蓋をとって

普通の電気鍋のように温め直すだけです。

夕食のメニューが一品でも決まっているってすごく夕食準備がはかどりますよね。

気軽に上手につかうと夜ご飯の支度がとっても楽になるのでぜひやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました